無垢材の木の家具とガラスの工房 葉音 トップページ

ウバユリ

2020年08月11日

 

“植えた覚えがないのに生えている”何かを庭で見つけたら、

すぐ抜かないでいるのも面白いかも知れません。

先日庭に、植えたはずのない、大きな葉をつけた草を見つけて気にかけていると、
茎が伸び1mの高さになって、花が咲いてからウバユリだと分かりました。

少し潰れたように咲いて、ユリであるのに咲き誇らない。
薄緑がかった花色が林に良く溶け込んでいます。

なぜ庭に生えてきたのか?

記憶を辿ると数年前に森でウバユリの乾燥した果実を見つけ、

庭に持ってきて、子どもと一緒にぶんぶん振って中の種を出してみたり、

薄ぺらい種を吹きとばしながら歩いたりしたことがありました。

(2013年のことで、写真が残っていた。
7年も経っている。とても軽くて、3つに裂けた形が面白い)


ウバユリの開花や結実は一生に1回だけで、

芽吹きから花が咲くようになるまでに6~8年かかるそうです。

そして一度咲いたら根本からすべて枯れてしまう。


思いがけないところに生えてきたからといって、邪険にしないでよかった。

今の季節森に入ると、群生するウバユリによく出会えます。

ひとつの実の中に500個ほどの種が入っているそうなので、今年この花の果実の種は

また風に運ばれ、あるいは人に興味を持たれて果実がぶんぶん振られ、
7年後、どこかで咲くかもしれません。





 

 
 
 

葉音 hanon  408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-2284   Tel,Fax0551-36-2750    お問い合わせ
ツリバナの実とメジロ

秋風にゆれる

ウバユリに

ウバユリ

ヤマブキショウマ

butter cup

おくりもの

5月の日本ミツバチの話